神〆について!

徳丸北野神社 神〆(かまじめ)一式
徳丸北野神社 神〆(かまじめ)一式

神〆(かまじめ)

毎年、12月15日から新しいお札や、神主が調整した幣神(へいしん)、御祓い(おはらい)、〆(しめ)を授与いたしております。

 

 

幣神(へいしん)

荒神様・・・・・台所(火)の守護神  

稲荷様・・・・・五穀豊穣、商売繁盛の守護神

井戸神様・・・井戸(水)の守護神 

年神様・・・・・新年にお迎えする大神様

えびす・大黒様・・・縁結び、商売繁盛の守護神

 

御祓い(おはらい)

『みそかっぱらい』とも云う。大晦日その家の主が【御祓い】で各部屋を祓う。その後、庭のある家は、一年間、庭の鬼門、若しくは裏鬼門の方角の角にさしておく。庭のない家は神棚に置いて一年後神社に持参していただく。

 

〆 (しめ)

神棚の注連縄に差す白い紙の事。